悩む前に読む!自分の髪を取り戻すHow toがここに!

発毛・育毛ブログ
RSS

業界日本初の特許「発毛・育毛システム」取得。その道のスペシャリスト集団、バイオテックが発信する発毛・育毛情報サイト。

発毛・育毛 HOW TO!

頭皮の症状と原因

薄毛とフケについて

「最近、フケがでる・・・」 こんな方はご注意です!

なぜなら過剰なフケは薄毛への第一歩といわれているからです。というのも、大量の髪が抜け始める前には多くの場合、過剰なフケがでたり、かゆみを伴ったりすることが多いからです。薄毛とフケは具体的にどのように関連しているのか?大変気になりますね。

そこで、まず最初に「フケ」って何?
皮膚は大きく分けて3つの層でできています。その一番下の基底細胞が毎日分裂し、新しい層が作られ、各層は頭皮表面へと押し上げられ、徐々に角質化していきます。この周期はおよそ28日。この角質化した古い細胞はやがて役割を終えて頭皮から垢となって剥がれ落ちます。この垢は、頭皮が健康な状態だと目には見えないほど小さく普段は気になりません。ですが目に見えるほどの垢、これが「フケ」と呼ばれているものなのです。
フケは細かいフケ乾性のものと脂っぽく固まった脂性のものがあり、頭皮の状態と同じタイプのフケが発生します。頭皮は乾燥肌、脂性肌、通常肌の3パターンあり、皮脂量の多さによって頭皮の状態を規定しています。

次に、薄毛とフケについて。
フケは新陳代謝によって起こるので基本的に避けることができません。しかし通常よりもあまりにも多い場合にはフケ症と呼ばれ、かゆみを伴う場合があります。通常、新しい細胞が垢となってはがれるまでの期間はおよそ28日ですが、ホルモンの分泌や栄養バランスの異常、細菌の異常繁殖によってこのサイクルが短くなるとフケが増大します。フケが急に増えることはこのように男性ホルモンの分泌や栄養バランスの異常が原因ですので薄毛の前兆といえます。フケが多いことが薄毛になるのではなく、薄毛になる前兆としてフケが大量発生すると考えられます。ですからフケ症の方でも脱毛に結びつかない方もいます。しかし、フケ症ではなかった方にフケが大量発生しだしたらそれは要注意と考えるべきでしょう。

ほっておいて良くなることはないので、「フケ」が気になったら、まずは専門のカウンセラーに相談しましょう。




←前のページへ戻る このページのTOPへ





お客様の声
自然な形で育毛に臨めることがベター
毎日鏡で頭を見るたびにうれしくなります
こんなに気軽に育毛体験ができると思わなかった
バイオテックのスタッフさんに期待している感じです
気持ちがずいぶんと楽になった
> 一覧を見る

バイオテック

悩む前に読む!自分の髪を取り戻すHow toがここに!

業界日本初の特許「育毛システム」取得。その道のスペシャリスト集団、バイオテックが発信する発毛・育毛情報サイト。


Copyright (C) 2006 ikumoublog.com. All Rights Reserved.HOMEインフォメーション最新エントリーお客様の声発毛・育毛How toRSS一覧運営会社情報