悩む前に読む!自分の髪を取り戻すHow toがここに!

発毛・育毛ブログ
RSS

業界日本初の特許「発毛・育毛システム」取得。その道のスペシャリスト集団、バイオテックが発信する発毛・育毛情報サイト。

発毛・育毛 HOW TO!

頭皮の症状と原因

フケの種類別対策について

「フケが肩についてるよ・・・」 そう人から言われたことのある方はご注意です!

なぜなら少ししかフケがついていなければ人は声をかけません。気になるほど付いていたから声をかけてくれたのです。

では改善法は?
「フケと薄毛について」で記したようにフケには乾性と脂性の2種類のタイプがあります。それぞれ全く違ったタイプの頭皮の状態ですので適切な処置をしないと逆効果になりますのでご注意ください。

1、脂性のフケの対策
脂性のフケはべたべたしているので取れにくく、毛穴に残ることで毛穴を詰まらせ、毛が生えてくる道をふさいでしまうので要注意です。また、フケが細菌のえさとなって繁殖し、炎症を起こすケースもあります。かゆみを伴うのはこのような原因も考えられるので注意が必要。これを脂漏性脱毛といいます。こうなったらすぐに皮膚科で診察が必要です。そうなる前に毎日のケアが重要です。

脂性のフケ対策は、フケを落としてためない様にするのが一番の課題です。毎日シャンプーをしっかりして皮脂やほこり、雑菌をまめに落としてください。また、食生活で脂物を取りすぎている場合もこのようなフケが出やすくなります。食生活を見直し、脂物を控え、ビタミンをしっかりとることが重要です。コンビニなどの食事に偏ると脂物が多くなりますので気をつけてください。

2、乾性のフケ対策
こちらは若い方に多いタイプです。その原因は洗浄力の強いシャンプーによって必要以上に清潔を保とうとしてシャンプーしすぎる場合が多いようです。このタイプは皮脂を取りすぎることが原因となっているようです。皮脂のとりすぎによって頭皮がかさかさになり、毛穴が炎症を起こして粃糠(ひこう)性脱毛になる危険性があります。

フケは脱毛のシグナル!
最初にご説明したようにフケが過剰に出るということはあなたの体がどこかで異常をきたしているシグナルだと考えてください。
そしてそれをそのまま放置しておくと薄毛につながる可能性が高いということも。

その中で自分のフケの原因はなんなのかをよく考えてください。ここでおさらいすると、フケには脂性と乾性があり、脂性のフケは脂漏性脱毛に、乾性は粃糠(ひこう)性脱毛になる可能性が高いということです。
そして脂性のフケの原因はホルモンの分泌や栄養バランスの異常、細菌の繁殖によって起こりやすいということ。乾性のフケは皮脂のとりすぎから起こることが多いということです。

ということは、
1ホルモン分泌の抑制
2栄養バランスの正常化
3シャンプー方法の見直し

この3つを行うことにより、フケを防ぐことができます。




←前のページへ戻る このページのTOPへ





お客様の声
自然な形で育毛に臨めることがベター
毎日鏡で頭を見るたびにうれしくなります
こんなに気軽に育毛体験ができると思わなかった
バイオテックのスタッフさんに期待している感じです
気持ちがずいぶんと楽になった
> 一覧を見る

バイオテック

悩む前に読む!自分の髪を取り戻すHow toがここに!

業界日本初の特許「育毛システム」取得。その道のスペシャリスト集団、バイオテックが発信する発毛・育毛情報サイト。


Copyright (C) 2006 ikumoublog.com. All Rights Reserved.HOMEインフォメーション最新エントリーお客様の声発毛・育毛How toRSS一覧運営会社情報