悩む前に読む!自分の髪を取り戻すHow toがここに!

発毛・育毛ブログ
RSS

業界日本初の特許「発毛・育毛システム」取得。その道のスペシャリスト集団、バイオテックが発信する発毛・育毛情報サイト。

発毛・育毛 HOW TO!

頭皮の症状と原因

薄毛の原因 紫外線について

薄毛の原因となるものには、紫外線も関係しています。

紫外線は髪のキューティクル(髪の毛の外側)にダメージを与えてしまうため、紫外線の浴びすぎは薄毛の原因として考えられているのです。

また、皆さんの中には「この時期になると抜け毛が増えるのよね」という人いませんか?その抜け毛が増える時期が秋だったりしませんか?

秋に抜け毛が増えるのは夏場に強い紫外線で頭皮がダメージを受けたからなのです。

しかし紫外線から頭皮を守ろうとサイズの合わない帽子を無理矢理かぶっても逆効果で締め付けのきつい、サイズの合わない帽子は頭皮を締め付けてしまいその結果血流が悪くなってしまうことから薄毛の原因にもなりかねません。さらに皮脂や汗によっても薄毛の原因となります。

そのため夏場にはお肌だけでなく頭皮の紫外線対策もきちんとしましょう。夏場の紫外線対策がきちんとされていれば抜け毛の予防にもなり、抜け毛を予防することで薄毛対策にも効果的です。



薄毛の原因 デヒドロテストステロンについて

薄毛の最大の原因とされているのはデヒドロテストステロン(DHT)であると言われています。

これは男性ホルモンであるテストステロンが転換されたものであり、転換酵素は生体が持つ5αリダクターゼと呼ばれる酵素であるとされています。


そして薄毛を改善するためにはこの5αリダクターゼをどれだけ押さえ込めるかが目安とされております。


育毛剤の働きは5αリダクターゼを抑制する事で抜け毛を予防する仕組みになっているのです。


しかし男性ホルモンの変質だけが薄毛の原因というわけではありません。薄毛の原因とされているものの中には遺伝やストレス、不適切なヘアケア、紫外線、冷え性、喫煙など薄毛の原因として考えられるものには様々なものがあげられます。


一人ひとりにあった、薄毛対策・解決方法を探り、最適な方法で育毛に取り組みましょう。



薄毛とフケについて

「最近、フケがでる・・・」 こんな方はご注意です!

なぜなら過剰なフケは薄毛への第一歩といわれているからです。というのも、大量の髪が抜け始める前には多くの場合、過剰なフケがでたり、かゆみを伴ったりすることが多いからです。薄毛とフケは具体的にどのように関連しているのか?大変気になりますね。

そこで、まず最初に「フケ」って何?
皮膚は大きく分けて3つの層でできています。その一番下の基底細胞が毎日分裂し、新しい層が作られ、各層は頭皮表面へと押し上げられ、徐々に角質化していきます。この周期はおよそ28日。この角質化した古い細胞はやがて役割を終えて頭皮から垢となって剥がれ落ちます。この垢は、頭皮が健康な状態だと目には見えないほど小さく普段は気になりません。ですが目に見えるほどの垢、これが「フケ」と呼ばれているものなのです。
フケは細かいフケ乾性のものと脂っぽく固まった脂性のものがあり、頭皮の状態と同じタイプのフケが発生します。頭皮は乾燥肌、脂性肌、通常肌の3パターンあり、皮脂量の多さによって頭皮の状態を規定しています。

次に、薄毛とフケについて。
フケは新陳代謝によって起こるので基本的に避けることができません。しかし通常よりもあまりにも多い場合にはフケ症と呼ばれ、かゆみを伴う場合があります。通常、新しい細胞が垢となってはがれるまでの期間はおよそ28日ですが、ホルモンの分泌や栄養バランスの異常、細菌の異常繁殖によってこのサイクルが短くなるとフケが増大します。フケが急に増えることはこのように男性ホルモンの分泌や栄養バランスの異常が原因ですので薄毛の前兆といえます。フケが多いことが薄毛になるのではなく、薄毛になる前兆としてフケが大量発生すると考えられます。ですからフケ症の方でも脱毛に結びつかない方もいます。しかし、フケ症ではなかった方にフケが大量発生しだしたらそれは要注意と考えるべきでしょう。

ほっておいて良くなることはないので、「フケ」が気になったら、まずは専門のカウンセラーに相談しましょう。



頭皮のべたつきと抜け毛について

夏の汗をかく時期はもちろん、今の時期でも、頭皮がべたついているという方・・・・・抜け毛は増えていませんか?頭皮がいつもべたついている方は要注意なのです!

頭皮のべたつきは何故起こるのか?汗をかくと同時に、アブラをつくる皮脂腺が刺激され皮脂の分泌量が増え、べたつきを感じます。汗をかくのは夏ばかりではありませんね。暖房がかかった室内、満員電車、仕事が忙しかったり、ストレスを感じたとき・・・そんな時、皮脂腺も刺激を受けているのです。

べたつきの原因は皮脂の過剰分泌。では、べたつきと抜け毛の関係は?
身体の中で最も皮脂の分泌量が多い部位は頭皮で、過剰に分泌された皮脂は、紫外線などにより過酸化脂質(腐敗した脂)になり、毛穴に蓋をしてしまいます。塞がれた毛穴にはアブラが詰まり、少しの刺激でも髪がするっと抜けやすくなってしまう・・・つまり、抜け毛の原因となるのです。また、皮脂を栄養源とする細菌を繁殖させ、イヤな臭いの原因にもなります。
このように、過剰に分泌した皮脂は髪の毛を作る毛根に悪影響を与え、毛髪の成長を妨げ、さまざまなトラブルの原因になるのです。過剰皮脂の要因は、男性ホルモン、ストレス、食生活の偏り、刺激物(アルコール、喫煙)などがあります。

やっかいな過剰皮脂から、毛髪を守るには・・・毎日のシャンプーで頭皮を清潔に保つこと(シャンプーは、髪の毛を洗うだけではなく頭皮の汚れを落とすつもりで)、肉類など油っぽいものの摂取を少なくする、ストレスの改善に努める・・・などですが、自己管理には限界があります。すでに、抜け毛を感じているのならお早めに頭皮の状態をチェックすることが大切です。まずは、頭皮チェックで毛穴のつまり具合を確認しましょう。



フケの種類別対策について

「フケが肩についてるよ・・・」 そう人から言われたことのある方はご注意です!

なぜなら少ししかフケがついていなければ人は声をかけません。気になるほど付いていたから声をかけてくれたのです。

では改善法は?
「フケと薄毛について」で記したようにフケには乾性と脂性の2種類のタイプがあります。それぞれ全く違ったタイプの頭皮の状態ですので適切な処置をしないと逆効果になりますのでご注意ください。

1、脂性のフケの対策
脂性のフケはべたべたしているので取れにくく、毛穴に残ることで毛穴を詰まらせ、毛が生えてくる道をふさいでしまうので要注意です。また、フケが細菌のえさとなって繁殖し、炎症を起こすケースもあります。かゆみを伴うのはこのような原因も考えられるので注意が必要。これを脂漏性脱毛といいます。こうなったらすぐに皮膚科で診察が必要です。そうなる前に毎日のケアが重要です。

脂性のフケ対策は、フケを落としてためない様にするのが一番の課題です。毎日シャンプーをしっかりして皮脂やほこり、雑菌をまめに落としてください。また、食生活で脂物を取りすぎている場合もこのようなフケが出やすくなります。食生活を見直し、脂物を控え、ビタミンをしっかりとることが重要です。コンビニなどの食事に偏ると脂物が多くなりますので気をつけてください。

2、乾性のフケ対策
こちらは若い方に多いタイプです。その原因は洗浄力の強いシャンプーによって必要以上に清潔を保とうとしてシャンプーしすぎる場合が多いようです。このタイプは皮脂を取りすぎることが原因となっているようです。皮脂のとりすぎによって頭皮がかさかさになり、毛穴が炎症を起こして粃糠(ひこう)性脱毛になる危険性があります。

フケは脱毛のシグナル!
最初にご説明したようにフケが過剰に出るということはあなたの体がどこかで異常をきたしているシグナルだと考えてください。
そしてそれをそのまま放置しておくと薄毛につながる可能性が高いということも。

その中で自分のフケの原因はなんなのかをよく考えてください。ここでおさらいすると、フケには脂性と乾性があり、脂性のフケは脂漏性脱毛に、乾性は粃糠(ひこう)性脱毛になる可能性が高いということです。
そして脂性のフケの原因はホルモンの分泌や栄養バランスの異常、細菌の繁殖によって起こりやすいということ。乾性のフケは皮脂のとりすぎから起こることが多いということです。

ということは、
1ホルモン分泌の抑制
2栄養バランスの正常化
3シャンプー方法の見直し

この3つを行うことにより、フケを防ぐことができます。



←前のページへ戻る このページのTOPへ





お客様の声
自然な形で育毛に臨めることがベター
毎日鏡で頭を見るたびにうれしくなります
こんなに気軽に育毛体験ができると思わなかった
バイオテックのスタッフさんに期待している感じです
気持ちがずいぶんと楽になった
> 一覧を見る

バイオテック

悩む前に読む!自分の髪を取り戻すHow toがここに!

業界日本初の特許「育毛システム」取得。その道のスペシャリスト集団、バイオテックが発信する発毛・育毛情報サイト。


Copyright (C) 2006 ikumoublog.com. All Rights Reserved.HOMEインフォメーション最新エントリーお客様の声発毛・育毛How toRSS一覧運営会社情報